安全管理・品質管理

日本メックスは、安全を何よりも大事なことと考えています

2017年10月16日、本社内にある訓練施設「オペレーショントレーニングセンター:OTC」の一角に、過去に発生した事故の記録を集め、展示する「MECCS安全コーナー」を開設しました。「過去の教訓に学ぶ、そのために記憶を風化させない」ことは極めて重要で、「安全はすべてに優先する」との安全意識を徹底するため、10月16日を「日本メックス安全の日」と定め、すべてのOTC利用者は、ここで研修時に安全について学んでいます。

建物、設備を適切な状態に維持管理し、
建物の利用者様に安全と安心を提供します。

安全管理

安全推進の基本

  • すべてに優先して、人命の安全を考えよう
  • 安全作業で、お客様の生活と財産を守ろう
  • 技術向上に努め、危険予知能力を高めよう
  • 創意工夫して、安全対策をたてよう
  • 安全管理を推進して、会社の信用を高めよう

私たちは安全推進の基本に基づき、通信設備事故を含め災害ゼロを目指して安全管理に取り組んでいます。

設備管理業務に関わる安全衛生計画を立案し、「労働安全衛生マネジメントシステム」に基づいた安全管理対策を実施します。

  • 毎朝全員ミーティングによる、当日の作業の周知と不安全作業の確認
  • 不安全作業のリスクアセスメントと作業前のKYT(危険予知トレーニングの実施)
  • 事故事例の共有、自己啓発の推進
  • 作業事故防止に向けた安全作業マニュアルの作成
  • 関連法規に適合した設備管理の実施
  • 特別な領域への入室制限管理の実施
  • 清潔な環境維持の徹底
  • 本社からの巡回による定期安全パトロールの実施

品質管理

品質保証の国際規格「ISO9001」、環境マネジメントシステム「ISO14001」の取得企業として、品質方針、環境方針を次のとおり定めています。

品質⽅針

  • お客様のニーズと期待に的確に応え、お客様満足度(CS)の向上を図り、信頼を確保する。
  • 品質マネジメントシステムの有効性の継続的改善により、技術に裏打ちされた良質なエンジニアリングとサービスを提供する。

環境⽅針